防犯カメラ販売設置・防犯設備コンサルティング

まずはお気軽にご相談下さいTEL:0120-6666-77
防犯カメラサービストップ > 設置場所一覧 > 一般住宅

一般住宅

一般住宅での設置事例

一般住宅

・隣家が空き巣の被害に遭った
・暗がりが多く、夜間は不用心になりがち
・車上あらし等に遭いかけた
・開口部が多く、戸締りが不安
・治安が悪くなったように感じる

各世帯の現場固有の問題を解決します!

一般住宅の防犯対策は周辺の現場環境も大きく影響。各住宅ごとに見られる現場固有の問題解決へは防犯設備士までお気軽にご相談下さい!

防犯カメラ設置のポイント

壁際の監視が重要です!
塀に囲まれています住宅の場合、頻繁にご相談を受けますのが壁への落書きなどです。色を塗りなおしてもすぐに落書きされてしまうパターンが多いですので、センサーライトなども効果的ではあると思いますが、人通りが多い場所ですと常にセンサーライトが反応してしまう可能性がありますので、大きめの威圧感のあるカメラがお薦めです。
人通りの少ない場所ですと不法投棄も考えられますので、こちらにも効果はあるでしょう。高さは手の届かない高さに設置をします。配線を切断される恐れがあるからです。一枚の壁に二か所設置する場合は高くなくても大丈夫です。切断をする犯行現場をもう一台のカメラが監視しているからです。
玄関前の設置が大切です!
塀や門などがある住宅では少ないのですが、壁や門などがない住宅などは玄関前に設置することが大切です。来客やまたは不審者の監視など玄関を開けてしまってからでは入られてしまう可能性がありますので、未然にふさがなくてはなりません。
友人知人などもこられますので、あまり威圧感のないドーム型のカメラがお薦めですが、小さいものではなく大きめの商品がいいでしょう。不審者対策ですとその他ご相談を受けますのが、ペットの糞の後始末をせずにそのままに立ち去ってしまうマナー違反の飼い主の監視になります。こちらはセンサーライト付カメラなどが効果的です。
自家用車置場の監視が重要です!
住宅の敷地内にあります自家用車の駐車場への設置も重要です。自家用車前に門などを設置する方法もありますが、コストがかかります。門などがない環境ですと車のボンネットなどへのイタズラ描きや、タイヤへのイタズラと傷など多く相談を受けます。また駅近くの住宅などではゴミをのせられたり、酔っ払いが寝ていることもあるそうです。
自家用車置場の監視をするお薦め商品は、赤外線カメラとパッシングセンサーライトやセンサーライト付カメラです。自家用車から2Mほどの位置に近づいて来たらセンサーライトが反応するようセッティングすることにより、威嚇効果が増します。カメラの存在を早くわからせることにより、犯罪を未然に防ぐ事が期待できます。

一般住宅に向いている防犯カメラ一例

NSC740   DG-SP305   SSC-DC690   TH-W551   SCD-7100WIR

NSC740

35~40mもの赤外線照射距離を持つため暗闇での撮影も可能です 。また、IP67規格準拠で防水、防塵性が高く、屋外の防犯カメラに優れた性能を発揮してくれます。
 

DG-SP305

当社従来機種比45%減の低消費電力化。高画質な1/3型MOSセンサー搭載。高感度1.3メガピクセルカメラにH.264の高圧縮技術により1 280×960、1 280×720で30fpsHD動画配信を可能にしました。
 

SSC-DC690

プライバシーマスキング機能を搭 載しつつ、周囲が暗くなると白黒モードに切り換えて感度を上げます。逆光下のようなコントラストの強い状況でも、白とびまたは黒くつぶれることなく撮影が可能なワイドダイナミックレンジ技術であるDynaViewを採用しています。
 

TH-W551

監視用との最も多い屋外で使えるプロフェッショナルカメラ。赤外線を搭載し、夜間の監視にも対応しております。
 

SCD-7100WIR

映したくない箇所をマスク(目隠し)する機能により、プライバシーに配慮した監視が可能です。また、逆光の強いところ、明暗差の激しいところでも、高コントラストの鮮明な映像を映し出す事が可能です。
他の設置場所事例もチェックする
  • 店舗・オフィス編
  • ビル・マンション編
  • 駐車場・駐輪場編
  • 一般住宅編
  • 工場・倉庫編
日本全国 設置工事お見積りとご提案は無料TEL:0120-6666-77